松本便り

徒然なるままに…

 静岡県三島市にある 【三嶋大社】に行ってきました。

松本から車で約3時間弱。

境内がとても広く、立ち寄った売店で鹿せんべいが売られていたので

辺りを見渡しましたが、一匹も居ない‥。

お店の方に聞いたところ建物の反対側に居るとの事で

残念ながら鹿に会う事はできず・・。しかし

この日は、天気に恵まれていた為、本殿が青空をバックに圧倒するような

映えた建物を見る事ができたので満足です。60c2ff70e13d1.jpg (480×640)

 少し前から《御朱印帳》を使い始めたので、もちろん三嶋神社の御朱印も

ゲットしました!またの機会に、マイ御朱印帳も紹介させていただきますね!


 

 


投稿日:2021/06/11   投稿者:-

安曇野市三郷にある、標高800mの高台に立つ 「ファインビュー室山」さんへ

 日帰り入浴をしに行ってきました。

日替わりで男湯・女湯の交換があり、違った雰囲気の露天が味わえちゃいます!

今日はどっちかな~と、入る前からちょっとワクワク♪

私のお気に入りは、寝湯です。

露天風呂から安曇野・松本平を一望でき、夜景も最高に綺麗でした。

今の季節ですと、夜風も心地良く

是非一度、この解放感溢れる露天風呂を、体感して頂きたいです。


 

http://www.fineview.co.jp/<外部リンク>

 追記:温泉から出た後は、必ず《コーヒー牛乳》と決めています。

 

 

 

 

投稿日:2021/06/07   投稿者:-

 女子スタッフから人気の「ガジュマル」!

日本では、沖縄から屋久島にかけて自生している樹木です。

沖縄では《キジムナー》という名前で親しまれてるそうですが、がじゅまる!の方が

可愛らしい感じがしませんか?

花言葉は《健康》

毎日ディスクの上で癒やしを与えてくれています。

木に気根を絡みつかせ、絞め上げて成長していく姿が楽しみです!

投稿日:2021/06/02   投稿者:-

「とうじそば」は、松本市奈川村発祥の郷土料理で、「投げる汁」と書いて「投汁(とうじ)」と読み、そばをつゆにひたしたり、温めたりする意味があり、おもてなし料理です。

今回は家族で「そば処 ちゅうじ」さんに行ってきました。

北アルプスは乗鞍岳ふもと・長野県松本市奈川(ながわ)に伝わる「とうじそば」。香り高い地元産そばを、竹で編んだ小さな「とうじかご」に入れて鍋に投入し、具だくさんの汁にくぐらせる食べ方が独特のそばです。

かつてお米が採れない寒村では、そばが代用食でした。お客様が来たときなど、鍋に山で採れたキノコや鳥獣の肉を入れて出汁を取り、そこに茹でたお蕎麦をとうじ籠というラクロスのスティックを小型にしたような柄の付いたザルに入れて、出汁で暖め、お椀に入れて勧めたそうです。
奈川は稲作に不向きな寒冷地のうえ、平坦な土地も少なく、そばは数少ない貴重な農作物でした。そうした環境の中、手打ちそばを寒い時期でもおいしく食べようと生まれたのが「とうじそば」です。

温まったそばをお椀に盛って汁と具をかけ、お好みで七味やわさび、ねぎなどの薬味を入れていただきます。香り高いそばを、竹製のかごに入れ、それを煮立った鍋に投入してアツアツにして食べる。

「とうじそば」の深い味わいの秘密はまず、つゆの美味しさです。山で採れた山菜、とりわけたくさんの雑キノコからは想像を超える旨みが出て、これに鶏やカモなどの旨みがオンされます。

本来はその家の奥様などが、わんこ蕎麦のような状態で、客人が食べたら間髪を入れずにドンドン蕎麦を食べさせることで、お腹いっぱいにさせる料理だったようです。


その郷土料理をもう少し洗練させたのが、現在のとうじそばです。「そば処ちょうじ」さんでは鰹出汁に鴨肉、キノコ、油揚げ、刻みネギを入れたお鍋で、そばをとうじています。

5fc4a5172c7f6.jpg (555×328)
とうじそばの美味しいつゆが残りますので最後はオジヤにして,,,,

妻も3歳のチビも大満足でした!

【そば処 ちゅうじ】長野県松本市奈川3740  ☎0263-79-2041

投稿日:2020/11/30   投稿者:Shin

こんにちは!masacoです。
突然ですが、皆さま好きなお花はなんですか?

私は蓮とひまわりです。
蓮とひまわりが楽しめ、
太陽のエネルギーが一際強く、
大地や植物も生命力に溢れた夏が
私は大好きです。

蓮池はいくつかありますが
豊科高家にある蓮田はご存知ですか?
私はこの夏初めて知ったのですが
聞くところによると、個人の方が花を楽しむために休耕田を利用して作っているとの事。


こども病院と高速長野道の東に位置します。
道路に面しているので、こんなに近くから写真が撮れます。


蓮の花のマゼンタピンクと葉のグリーンの相性が素晴らしく、

あまりの美しさにいつまででもそこにいたくなります。



カラーセラピーの世界では

マゼンタは「小さな幸せを感じられる」

グリーンは「安らぎ、協調性」

の意味があるそうです。


沢山の蓮に囲まれて大きく深呼吸すれば
日頃のストレスも消え去り、幸福感に包まれそうですね。

蓮は花開く時に「ポン」と音を立てて咲くそうです。
残念ながらもう季節は終わってしまいますが、来年はぜひ花の開く音を聞くため早朝に訪れたいと思います。




蓮田
〒399-8204 長野県安曇野市豊科高家2749
https://goo.gl/maps/hkbFnFnmLXqCWYaP6



投稿日:2020/08/28   投稿者:masaco